笑顔をなくさない

2月28日(金)

書かなきゃなぁ・・・

遅かれ早かれ、ちゃんと書かなきゃなぁ・・・

そんな風に思いながらも、なかなか受け止められなくて、

たまに襲ってくる負のスパイラルに飲み込まれそうになったりで・・・

「書こう!」って手を動かせるようになるまで、

1週間かかってしまいました(苦笑)



おそらく、長文になるので、

いったん折りたたみますね。

お時間ある時に、下の『続きを読む』クリックして読んでください。








我が家の言わずと知れた(?)アイドル、

琥珀(こはく)です。

DSC01935_20140228011652c89.jpg

この子、可愛いんです。

ホントに。

可愛くて、可愛くて、可愛くて・・・

だからこそ、なかなか理解できなかったんです。

どうして、この子が?って・・・。




先週の21日に、眼科専門医がいらっしゃる病院へ、

ロノの予約診察でした。

先日、書いた通り、ロノに至っては良好。

点眼の回数は増えたけど、お薬はマイルドなものに変わったし、

このままこのまま・・・って感じでした。



実は1年前くらいから気になっていたことがあり、

眼科専門医ということもあり、一緒にこはくも診てもらったのです。

最近は特に、右目の反応が悪く感じていたので。


DSC01941.jpg


『けん引性網膜剥離』

こはくの病名です。


右目はすでに剥離しきってしまい、視力はありません。

明暗を感じるくらいで、見えていません。

そして、左目も剥離しかけているそうで、

遅かれ早かれ、両目剥離してしまう子がほとんどなんだそうです。

それでも、まだ5歳くらいの若いこはくには珍しいと言われました。



網膜が少しずつ剥がれていく病気です。

気づくころには90%視力を失っているのだそうです。

わたしが気になりだしたのはちょうど1年くらい前でした。

うちに来た当時よりも、真っ黒な目じゃなくなっているような・・・

色素が薄くなっているような気がしたので、

その時に行っていた病院で、こすもの診察のついでに、

軽く聞いてみたのです。

まだ若いこはくには先生も推測にはなかったのでしょう。

「元々色素が薄い子もいるからね。」と、

充血したり、目やにが多かったりしていなければ、

様子見で特に気にすることはないでしょうと言われました。


あの時、「やっぱり気になるから、ちゃんと眼科検査してください!」

言っていれば、視力を失うことはなかったのか・・・?



手術ができるのは発症後2週間程度の子に限ってなんだそうで、

とても難しい手術の上、できる医師も限られていて、

手術が成功しても100%見えるようになるとは言い切れず、

費用も80~100万かかるのだそうです。

そしてたいていの子が、もう片方の目もいずれ剥離する。




わたしがどんな道を選んでいたとしても、

これが、こはくの運命でした。




人間ならね、そう難しい手術でもありません。

わんこにその手術ができないのは、

術後何日も動かずにじっとしていることが不可能だからです。

ずっと麻酔をかけ続けることもできません。



いつから右目の視力を失っていたのだろう・・・。

ぞっとしました。

「見えなくなったよー、なんだか見えないよー」って

思っていたりした? 訴えていたりした?


DSC01942.jpg


でもそれはきっと、人間の感性であって、

犬は動物だし、「あれれ、おかしいな。まっ、いいかー」程度にしか

思っていないのかもしれない。



こはくは見えないと感じさせないくらい、

元気だし、毎日暴れ倒して遊んでいたし。



でも、おもちゃを振り回すのが大好きなこはくに、

おもちゃ禁止令が出ちゃいました。

頭をも一緒に振り回す行動は、

剥離を促す行動になり危険なんだそうです。



毎日毎日、振り回して楽しそうに得意気に遊んでいたこはく。

「おもちゃ」の楽しみがなくなるなんて・・・

こはくだけおもちゃを取り上げるわけにもいかず、

その日から我が家では、見ていられる限りおもちゃを

表に出すことはありません。



ロノも、せっかく毎日おもちゃ咥えて寝床に運んで、

ハムハム楽しめるようになったのにね・・・。

とんだ巻き添い・・・ごめんね。



おもちゃを一生懸命探すこはくの姿を目の当たりにして、

ここ1週間は、ほんとにきつかった・・・





元々、剥離しやすい子もいて、先天性なものなのか、

どこかでいつか強く頭を打ったのか・・・

おもちゃを振り回していた結果なのか・・・

これといった原因は分かりませんが、

シー・ズーさん自体、目の病気が多い犬種なので、

そう珍しくもないのだそうです。





右目は今後、充血が出てきたり、眼圧が上がってきたりすると、

緑内障になってしまいます。

緑内障になってしまえば、痛みを伴うので、

眼球摘出手術を受けなければいけなくなります。



可愛い可愛い、こはくのお顔、守らなければね。

おもちゃのちょっとした我慢は必要だけど、

これ以上悪くならないように、どうかどうか・・・。




そして、できることならば、残された左目の視力、

奪わないで、どうかどうか・・・。



DSC01954.jpg



彼とこんなこと、話しました。

優しい、優しいこはくは、

きっとロノに視力をあげたんだよ。

って。




先代のわんこも、生まれつき疾患だらけのわんこで、

最期は体中の臓器全てが悲鳴をあげている状態で、

天使になりました。

それでも、半年くらいしか生きられないと言われたわんこが

家族の愛情で16年弱も長生きしてくれたのです。




こすこは家には、きっとそんな、なにかしらハンディを持った子が

めぐって来る運命なんだよ、と。


我が家に来れば、間違いなく、

どこへ行くよりも、たっぷりな愛情を

注いであげられるから、きっと・・・。




いつか、両目が見えなくなるかもしれない。

いつか、わたしたちの顔が、分からなくなるかもしれない。

そんな恐怖はきっとこれからも取れないけれど、

「今」を生きる、わんこだから、

見えている間に、いろんな景色を見せてあげたい。

できる限り楽しいこと、嬉しいこと、プレゼントしてあげたい。




見えなくなったとしても、

わたしが、こはくの目になってあげるから、

大丈夫。

うん、きっと大丈夫だよね。




こはくはとっても優しい子だけど、

とっても強い子、笑顔が似合う子。

そう言ってもらえたよね。




こはくの前ではいつでも笑っていよう。

いつか左目も見えなくなってしまうのであれば、

最後に見るわたしの顔が笑顔であるように、

笑っていよう。

そうしたら、もしかしたらラッキーが味方してくれるかもしれない。




多くは望まないけれど、

こはくが生涯「幸せ」であれば、

それでいい。

笑顔をなくさないでいてくれれば、

それでいい。




アナタが居てくれれば、

それだけでじゅうぶん。




















関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

モコモコさまへ

コメントありがとうございます(^^★

どんな境遇になろうとも、本犬(こはく)が幸せなら
それでいいかなぁって、気持ちを切り替えたら
ずいぶんと楽になりました。

その前にわたしの方がたくさん癒しと幸せを
もらっているんですけどね(笑)

No title

コメントするのが遅くなってしまいました。
ママさん、とっても悩まれたと思うけど、こはく君の
ために強くなろうっていう気持ちがひしひし伝わって
きました。
こはく君、素敵な家族と一緒で絶対幸せを感じてると
思います!!

鍵コメさまへ

コメントありがとうございます。

こはくのこと、記事にするのを実は迷いました。
でも書くことで、「うちの子もよ!」ってコメントを
もらえるかもしれないと思ったので書きました。
だから経験談を伺うことができて、とても嬉しかったし、
そして「うちも大丈夫かも!」って思えました。

今思うと、わんこは人間のように悲観にはならないということが、
わたしにとって、どん底まで気分が落ちなかった
唯一の救いだったのかもしれません。

こはくも、もし両目の視力を失ったとしても、
鍵コメさまのCちゃんのように、
今とさほど変わりなく元気に走り回ってくれるような気がします。

サポートは忘れず、今を楽しむことを大事にして、
変わらない愛情、注ぎますね(^^★

鍵コメさまへ

温かい励ましのコメントを、
ありがとうございます(^^

ちゃんとお返事がしたいので、
メールでまたゆっくりお返事書きますね(^^

うさ子さまへ

同じ気持ちになってくださってありがとうございます。
とっても励みになります。

こはくにはわたしたちも、
こすもとロノも側に居るからきっと大丈夫ですよね。
犬は人間よりもきっとたくましい生き物ですから。

こはくにはいつも癒しをたくさんもらっていたので、
こはくの前ではいつでも『笑顔』を忘れないように、
大丈夫って言葉と、元気を与えてあげられればなと思います。

一緒に祈ってくださって嬉しいです。
前だけを見て、笑顔で行きますね★

nonさまへ

いちはやくのコメント、とってもとっても嬉しかったです。

『笑顔』って言葉を聞くと、
わたし、実はnonさんの顔を一番に思い浮かべるんです(^^
満面の笑みで笑っているnonさんの顔を。

いつも笑顔でいる人は、
まわりの人間にとっても大きな力を分けてあげられる人なんだなって思うんで。
それは元気であったり、勇気であったり。
だからわたしもこはくにとって、そんな存在でいようって思ったんです。
わたしがどん底まで落ち込まなかったのは、
nonさんと出会っていたからなんです(^^♪

祈ってくださってありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

私もぽよよ~んなこはくちゃんが大好き。
そんな大変なことになっていたんですね。
コメント書かなくちゃ!って思ってキーボード打っているけど、
言葉を失いました。

でも、みんな心は胸の中にあります。
ママさんが優しくなでたり、声かけして
こはちゃんも癒される。
まわりにはこすもちゃんもロノちゃんもいて。

人間の不安はすぐ犬たちが察知するから、
療養はしなくちゃいけないけど、
普段どおりで。大丈夫、大丈夫◎

私も、ずっと見え続けるように祈ってます。

No title

可愛い可愛いこはくくん。
凄く愛されて幸せに過ごしてるのを見てるのが大好きです。
ぽよよ~んな感じがたまらなく可愛くて大好きです。

今は、家具の位置を変えないとか
そうすれば、もし、もしも見えなくなっても
匂いとかで覚えてると思うし。
何か思いつくこと全部出来たらそれでいいと思います。

ママが言う「笑顔」は凄く大切ですよね。
読んでてて「うんうん、ほんまそうやな」って思いました。

パパママが居てくれるだけでいいと思ってるよね。
ずっと見え続ける様にいっぱいいっぱい祈ってるからね。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

sato26

Author:sato26
☆ My Family ☆

■小宇宙(こすも)

シー・ズー ♂
誕生日不明 
2011年4月20日保護される
保護時:推定1歳半~2歳
Red-strings~赤い糸~様より授かり
2011年5月15日にうちの仔になる
迎えた5月15日を
満2歳の誕生日として設定☆
~名前の由来~
小さな体でも宇宙に散り輝く
星数ほどの幸せを・・・

■琥珀(こはく)

シー・ズー ♂
誕生日不明 
2011年7月15日保護される
保護時:推定3歳
Dog's smile様より授かり
2011年9月3日にうちの仔になる
迎えた日の9月3日を
満3歳の誕生日として設定☆
~名前の由来~
琥珀色のように温かくて穏やかな犬生を・・・
我が家に幸せを運ぶ仔になりますように。

■路望(ろの)


シー・ズー ♂
誕生日不明
2013年12月22日保護される
保護時:2~3歳
個人的な経緯で我が家へ
2013年12月末にうちの仔になる
保護した月+ロノ神の日から
2013年12月28日を
満3歳の誕生日として設定☆
~名前の由来~
ハワイの4大神のうちのひとり
『愛と平和』の神様LONOより
お名前をいただく
愛と平和に満ち溢れた
幸せな犬生を与えてあげられますように。

■望音(もね)

シー・ズー ♂
誕生日不明
保護時:13歳
個人的な経緯で我が家へ
2015年初めにうちの仔になる
2015年1月25日を
満13歳の誕生日に設定☆
~名前の由来~
「君を愛す」「希望」という
花言葉を持つアネモネと
「光の画家」と呼ばれた
クロード・モネよりお名前をいただく
残りの犬生が穏やかで愛溢れる
幸せなものにしてあげられますように。


★☆★☆★☆★☆★☆★

●現在の預かりわんこ●

【★13代目預かりわんこ★】


『トマト』
♂ 推定8さい
現在 4.4㎏
フィラリア(+)
投薬治療継続中

2017'3/4 保護



詳しくはDog's smileさんへ

***********



★☆★☆★☆★☆★☆★


《幸せになった仔たち》

【★10代目預かりわんこ★】


『光(ひかる)』

2017'4月卒業

----------------------

【★11代目預かりわんこ★】


『未来(みらい)』

2016'11月 卒業
----------------------

【★12代目預かりわんこ★】


パコあらため『茜』

2016'4月 卒業
----------------------
【★9代目預かりわんこ★】


『いろは』

2016.3月卒業
----------------------
【★8代目預かりわんこ★】


『翼(つばさ)』

2015.7月卒業
----------------------
【★7代目預かりわんこ★】
7代目チャールズ

チャールズあらため
『チャーリー』

2013.12月卒業
----------------------
【★5代目預かりわんこ★】
DSC08108miyabi.jpg

雅あらため『みやび』

2013.8月 卒業
----------------------
【★4代目預かりわんこ★】


『Noel(ノエル)』

2013.4月 卒業
----------------------
【★3代目預かりわんこ★】


拓あらため『たく』

2012.10月 卒業
----------------------
【★2代目預かりわんこ★】


ひいろあらため
『風(ふう)』

2012.8月 卒業
----------------------
【★初代預かりわんこ★】


セナあらため『ぼん』

2012.4月 卒業



★☆★☆★☆★☆★☆★

《星になった仔》

【★6代目預かりわんこ★】



『夢-ゆめ-』

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク(♀)
10歳

2013.8.9保護

2013.8.21
0時35分 永眠


★☆★☆★☆★☆★☆★


犬の年齢計算機
今何歳?(こすも)
今何歳?(こはく)
今何歳?(ろの)
今何歳?(もね)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR