1ヶ月

11月4日(土)

今月もまた満月がやってきました。

DSC_2350_20171104231909dd5.jpg

もねちゃん。

もう1ヶ月。

DSC_0669_20171104231910642.jpg

キミが居なくなって1ヶ月かぁ・・・。


なんだかとても長く感じました。


淋しいとか、会いたいとか・・・

そういう気持ちよりも、またいつかどこかで会える気がして。

姿は見えなくても、ぬくもりに触れることができなくても、

ちゃんとどこかでつながっている気がして。


DSC_2370.jpg


やっぱり、1ヶ月たっても、わたしの心は不思議と穏やかなのです。



DSC_2341_20171104231903948.jpg

このコたちが、側に居てくれているからなのかなぁ。


寒くなりましたね。

DSC_2342_201711042319057d0.jpg

DSC_2343_2017110423190696e.jpg

DSC_2344.jpg

癒しの力、絶大。



ありがとう。






我が家がボランティアをさせて頂いている保護主の『Dog’s smile』さんでは

他にもたくさんの保護わんこたちがお迎えを待っています

トマトくんや、他の保護わんこたちへのお問い合わせはコチラへ  『Dog's smile』

スポンサーサイト

もねちゃんからのプレゼント



もう少しだけ、

もねのお話、お付き合いいただけると嬉しいです。



*間に挟むもねの写真は過去のものです。



可愛いもねちゃん。

動かなくなっても、冷たくなってもなお、可愛いままでした。

IMG_20170620_115712_918_20171012233742113.jpg

トマトは、連日の看病疲れからか、

よく眠ってた・・ ふふふ。

DSC_2064.jpg

わたしと一緒に頑張ってくれたもんね。

頑張っているつもりは全然なかったけれど。

DSC_2062.jpg



まる10日食べないことが心配になって、日曜日に病院行って、

腹水抜いてもらって・・・

腸の働きを良くするお薬もらって帰ってきて・・・。

mo1.jpg

今まで飲んでたお水も、もどしてしまうようになって、

火曜日にまた病院行って・・・

その時には、意識障害も出ていて、胃も動いていないと言われました。

mo4.jpg

数日で何が起こってもおかしくない、もっても数週間かも・・・と。

もねが嫌がることはもうやめよう。

お薬も無理に飲まさなくてもいいや・・・。

mo3.jpg

そして、次の日の水曜日の朝でした。


我が家にやってきた時にはすでに心臓は重度に悪く、

いつ倒れてもおかしくないと言われていました。

耳の手術を乗り越え、2年10ヶ月。

ここまでもったのはすごいことだと先生は言ってくださいました。

お母ちゃんのほこりだよ。

mo2.jpg




8日の日曜日に、葬儀をしました。

ありがたいことに、お友達も数人駆けつけてくれました。

いただいたお花に添えられていたメッセージカードも、もねに持たせました。

DSC_2083_20171013000443b49.jpg

目が見えなかったもねちゃんが、お父ちゃんとお母ちゃんの元へ

迷わずに帰って来れるように、わたしと旦那くんが並んで写っている写真も頭の下に入れました。



姿のあるもねちゃんとの最後のお別れは、

やっぱりすごくすごくさみしかったけれど・・・


でも、最後の最後に、もねちゃんはわたしにプレゼントを残してくれました。

もねのお骨、ひとつ残らず連れて帰ることが出来るようにと、

頭から尻尾の先、足の先、爪、前歯、奥歯・・・

全部、全部、綺麗に残っていたのです。



甘えん坊のもねちゃん。

IMG_20171006_000038_202.jpg

わたしともっと一緒に居たかったもねちゃん。

IMG_20171006_000038_198.jpg

連れて帰ってほしかったんだね。

DSC_2098.jpg

ここまで骨がしっかり残るのは、ちゃんと骨にまで栄養が行き届いていた証拠ですよと、

言ってくださり・・・。

出来る限り残るようにと、上手に焼いてくださったスタッフさんの腕なんでしょうけれど、

もねちゃんからの最後のメッセージ・・・

わたしが悲しまないようにと、残してくれたプレゼント・・・。

そんな風に思えたのです。

IMG_8589_2017101223590911e.jpg



おかえり。

しばらくは側に居てね。

IMG_20171006_000038_220.jpg

もねちゃんの姿はなくなってしまったけれど、

そのぬくもりに触れることはもうできないけれど。

魂でつながっているって思えるのです。

ちゃんと側に居てくれている実感があるので、

「会いたい」って思わないのです。

流れる月日が、心にどう変化を与えていくのかは分からないけれど・・・。



とっても幸せなお別れでした。




もねちゃんがお空へ帰って行った日の夜も、

やっぱり月の光は優しかった。

DSC_2096.jpg



トマトはその日、もねが使っていたベッドで熟睡。

DSC_2101.jpg

何を思い、何を感じていたんだろう・・・。

DSC_2100.jpg

もねの一番の友達、最後の友達でいてくれてありがとう。

DSC_2099_20171012235807db8.jpg




初七日の法要も終え、ゆったりと過ごしています。

いただいたお花が少しさみしくなってきたころに、

また別の方からの想いが届く。

DSC_2118.jpg

嬉しいね、もねちゃん。

DSC_2114_20171013001446983.jpg




今は、もねとの思い出に浸りながら、

気持ちも落ちることなく、元気にしています。

FB_IMG_1507569659920.jpg

他のワンコたちも変わらず元気です。


1年前の写真を見ては、ふふふと笑って懐かしく思ったり・・・

FB_IMG_1507683319044.jpg

FB_IMG_1507683325709.jpg




わたしは大丈夫です。

もねが教えてくれたこと、残してくれたもの、

これからも大切にして、前をだけを向きます。



本当に、本当に、

ありがとうございました。



           こすこは家一同



ありがとうございました *感謝*

10月12日(木)

もねが永眠した日の夕方に撮ったお月様。

十五夜でした。

DSC_2032_20171012012811a96.jpg

月明かりがとっても優しく感じたのを覚えています。


最後に撮った写真はやっぱりトマトと一緒の写真でした。

DSC_2010_2017101201281351a.jpg

まるで分かっていたかのような、トマト。

DSC_2011.jpg

一番のお友達だったね・・・って、友人が言ってくれました。

DSC_2012.jpg



もねにはたくさんのお花やお供え物をいただきました。

DSC_2025_201710120126282e6.jpg
DSC_2046_201710120126301b3.jpg
DSC_2047_20171012012631cc4.jpg
DSC_2045_20171012012635b0e.jpg
DSC_2042_20171012012632592.jpg
DSC_2043_201710120126347f9.jpg
DSC_2058.jpg
DSC_2085_20171012012651372.jpg
DSC_2077.jpg
DSC_2069_20171012012643f51.jpg
DSC_2079_20171012012647e3f.jpg
DSC_2073_20171012012644c87.jpg
DSC_2084.jpg
DSC_2086_20171012012652cd4.jpg
DSC_2094_20171012012637e35.jpg
DSC_2059_2017101201264005c.jpg


おかげさまで、もねちゃんお花畑の中で眠っていました。

DSC_2090_20171012014626ce4.jpg

こはくが側に居たり、トマトが「もねちゃん、起きないなぁ・・・」って

不思議そうに離れなかったり・・・

DSC_2048_201710120148253d5.jpg

DSC_2049_20171012014827069.jpg

こすもは反対に背くように部屋の隅っこから微動だにしませんでした。

DSC_2040.jpg

なにかそれぞれに感じるものがあったのだと思います。




正直、もっと心が乱れるかと思いました。

いつかこの日がやってくるといつも頭の隅にあったためか、

わたしはすごく冷静で居ることができたのです。



もねの呼吸の仕方が変わった時があって、

「あ、もう逝ってしまうのかもしれない」と、手をもねの胸にあてました。

最後の最後のひとつまで、もねの鼓動を感じようと。

そしたらトクントクンの感覚がだんだん長くなって、もう打たなくなった時、

「もねちゃん!!」って言ったら、小さく息を吸いました。

もう一度「もねちゃん!!」って言ったら、また小さく息を吸いました。



もねちゃんと会話をしているような感覚で、

今なら聞こえているような気がして、

わたしの想いを全部伝えなきゃと思って、

「大好き」も「ありがとう」も言ったら、

ひとつひとつまた小さな息をすって・・・。


意思疎通が出来ているんじゃないか・・・そんな風に思える不思議な時間でした。


5回くらい会話をしたら、もう全部動かなくなってしまって。


でもとっても穏やかでした。

もねもわたしも。



「ありがとう」しか出てこなかった。



ボケて、痴呆になって、昼夜が反転して、徘徊したり、鳴き続けたり・・・

そんな日が来てもいいと思っていました。

そこまで側に居る覚悟はあったのに、

もねは満月の日を選んだのです。

このタイミングだったのです。




わたしの知人にスピリチュアルアドバイザーの方が居て、

もねが亡くなる20分前くらいに、わたしはLINEをしていました。



そしたらもねが亡くなった後に返事をくださったのです。



ありがとう。
幸せだったよ。

離れたくないな。
もっと一緒にいたかったな。
もっと早く会いたかったな。

だけど・・・
すごく楽しかった。
会えて良かった。

幸せだった。

ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。


別れる悲しみはすごく感じますが・・・
人生の終わりをこの家で迎えられた事に幸せを感じていますし、
悔いはなかったと思います。

すごく幸せだったみたいで、ただただ感謝しています。

ただすごく甘えただったのか・・・
まだ側に居たかったみたいで、
しばらくはそこに居てると思います。

ほんとーに、大好きだったみたいですよ。


心配しないで。
大丈夫だよ。


○○(わたし)が、悲しむのが、
とても辛いみたいです。

自分は幸福感と感謝しかないみたいで・・・
○○(わたし)が、悲しむ姿を見たくなくて・・・
それが一番別れたくない理由みたいです。





両想いでした。

DSC03989_2017101202251958a.jpg

もねはわたしのことを大好きで居てくれました。

眼も見えず、耳も聞こえず・・・

だけど意思表示はしっかりとするコで、

抱っこもわたしじゃないと文句を言うコでした。

DSC03990_2017101202251737d.jpg



水曜日に永眠して、お葬式の日曜日まで、

時間をとることができたので、

それまで毎日もねの身体を綺麗にして、

「おかあさん」として最後のお世話をしました。



ゆっくりとお別れする時間をとったことも、

ずっと心穏やかで居れた理由かもしれません。






お時間とらせてすみません。

もねちゃんのこと、あともう少し続きます。






ご報告



中秋の名月ですね。

街灯がいらないくらい、明るい夜空です。



取り急ぎご報告がございます。

本日、10月4日。
午前7時過ぎ。

我が家の4男坊、望音(もね)ちゃん。
静かにゆっくりと、わたしの腕の中で、
心臓の鼓動を止めました。


家族になって2年と10ヶ月でした。
ずっと気にかけてくださっていた方々、
ダイジョウブダイジョウブと祈ってくださっていた方々、
ありがとうございました。



一緒に居た時間が他のコよりも短かったため、
お別れはゆっくりしようと思っています。



日曜日の夕方に、お空へ見送ります。
一緒に…と言っていただける方がもしいらっしゃいましたら、
ご連絡くださいませ。




簡単更新で申し訳ありません。




犬に学び、犬に癒される

10月2日(月)

この土日はもねちゃんと向き合った2日間だったように思います。

預かりっこトマトんことを、どんどん書いていかないといけない中、ごめんなさい。

でも・・・、優しいトマトんは、

来る日も来る日も付きっきりで看病してくれているかのよう。


「もねちゃん、しんどいのん?」

DSC_2117.jpg

「ご飯食べやー」

DSC_2119_20171002013056a1e.jpg



「もねちゃん、大丈夫ー?」

DSC_2130_20171002013059d25.jpg


ここ数日、ご飯を食べてくれません。

DSC_2128_20171002013100d5d.jpg

どうしたものか・・・


DSC_2131.jpg

土曜日の夜は、2時間起きに起こされてしまって。

ウンP? チッコ? 寝返りしたい?

お水? お腹すいた? 抱っこ?

DSC_2132_201710020135351c3.jpg

思い当たるすべてのことを試してもダメだった時、

それでもプープー鳴き続けるもねちゃんにイライラするのではなく・・・

もねがわたしに何を伝えようとしているのか、

わたしが分かってあげられないことにイライラするのです。



寝不足になって辛いのでもなく、

夜中に何度でも起こされることが嫌なのでもなく。



わたしはもねちゃんのお母さんなのに・・・

と、土日は少し気持ちが落ちてしまいました。



9月初旬、まだ4本の足でしっかり立って、

ヨロヨロではあったけれど、自分の力で歩くことが出来ていたもねちゃん。

1506687686850.jpg

1506687689488.jpg


今では頭を起こすことができるくらいで、立つことが出来ず、寝たきりです。

あまりに食べないことが心配で、ずっと下痢続きだし、

腹水もまた溜まりはじめていたので、日曜日に病院へ連れて行きました。

IMG_20171001_164149_002.jpg

今までは抱っこだったけれど、もうガリガリ過ぎて抱っこをするのも怖いので、

ワンコカートに乗せて。

8月に6キロあった体重も、今じゃ5キロもありません。


この日は、455mlの腹水を抜いてもらって、腸の動きをよくするお薬が出ました。


もねちゃんが現在1度に飲んでいるお薬の量。

DSC_2138_20171002014320cd5.jpg

飲みやすいように1粒の錠剤を半分に割っているものもあります。

6種類のお薬飲んでいます。



毎日毎日、側に居てくれるトマトん。

DSC_2133.jpg

なんとなく、ふと感じました。

line_1506613370232.jpeg

トマトん、心配なのはもねちゃんなのではなく、

わたしの方だった??



わたしがもねの側に居る時に、トマトももねちゃんの側に居ることが多くて・・・。


あぁ、しっかりしなきゃなぁって、思いました。

振り返ると、ちゃんと見てたりするんですよね・・・。

DSC_2003_20171002020617e19.jpg


ははは、わたし見張られてたのね。

DSC_2004.jpg

トマトに元気をもらって、落ち気味だった気持ちを上げてもらって・・・。


さて、もねちゃんを寝付かせようとした日曜日の夜。


お薬飲ませて、お水も飲ませて、

チッコもウンPも済んで・・・


でもまた昨晩のようにプープー鳴き続ける。


1時間くらい手を握って、身体ぽんぽんさすってもダメで・・・

こりゃあ、また明日も寝不足だなぁ・・・なんて覚悟していたら。



ダメ元で、わたしのあぐらの上に乗せたら、

なんと即効寝たという・・・ (・Д・)

DSC_2002_20171002021330665.jpg


そうだった、そうだった。

キミは赤ちゃんにかえっていってたんだよね。

すっかり忘れてたよ・・・。

側に居てねって言ってたんだね。



ダイジョウブ。

ずっと側に居てるよ。





我が家がボランティアをさせて頂いている保護主の『Dog’s smile』さんでは

他にもたくさんの保護わんこたちがお迎えを待っています

トマトくんや、他の保護わんこたちへのお問い合わせはコチラへ  『Dog's smile』

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

sato26

Author:sato26
☆ My Family ☆

■小宇宙(こすも)

シー・ズー ♂
誕生日不明 
2011年4月20日保護される
保護時:推定1歳半~2歳
Red-strings~赤い糸~様より授かり
2011年5月15日にうちの仔になる
迎えた5月15日を
満2歳の誕生日として設定☆
~名前の由来~
小さな体でも宇宙に散り輝く
星数ほどの幸せを・・・

■琥珀(こはく)

シー・ズー ♂
誕生日不明 
2011年7月15日保護される
保護時:推定3歳
Dog's smile様より授かり
2011年9月3日にうちの仔になる
迎えた日の9月3日を
満3歳の誕生日として設定☆
~名前の由来~
琥珀色のように温かくて穏やかな犬生を・・・
我が家に幸せを運ぶ仔になりますように。

■路望(ろの)


シー・ズー ♂
誕生日不明
2013年12月22日保護される
保護時:2~3歳
個人的な経緯で我が家へ
2013年12月末にうちの仔になる
保護した月+ロノ神の日から
2013年12月28日を
満3歳の誕生日として設定☆
~名前の由来~
ハワイの4大神のうちのひとり
『愛と平和』の神様LONOより
お名前をいただく
愛と平和に満ち溢れた
幸せな犬生を与えてあげられますように。

■望音(もね)

シー・ズー ♂
誕生日不明
保護時:13歳
個人的な経緯で我が家へ
2015年初めにうちの仔になる
2015年1月25日を
満13歳の誕生日に設定☆
~名前の由来~
「君を愛す」「希望」という
花言葉を持つアネモネと
「光の画家」と呼ばれた
クロード・モネよりお名前をいただく
残りの犬生が穏やかで愛溢れる
幸せなものにしてあげられますように。


★☆★☆★☆★☆★☆★

●現在の預かりわんこ●

【★13代目預かりわんこ★】


『トマト』
♂ 推定8さい
現在 4.4㎏
フィラリア(+)
投薬治療継続中

2017'3/4 保護



詳しくはDog's smileさんへ

***********



★☆★☆★☆★☆★☆★


《幸せになった仔たち》

【★10代目預かりわんこ★】


『光(ひかる)』

2017'4月卒業

----------------------

【★11代目預かりわんこ★】


『未来(みらい)』

2016'11月 卒業
----------------------

【★12代目預かりわんこ★】


パコあらため『茜』

2016'4月 卒業
----------------------
【★9代目預かりわんこ★】


『いろは』

2016.3月卒業
----------------------
【★8代目預かりわんこ★】


『翼(つばさ)』

2015.7月卒業
----------------------
【★7代目預かりわんこ★】
7代目チャールズ

チャールズあらため
『チャーリー』

2013.12月卒業
----------------------
【★5代目預かりわんこ★】
DSC08108miyabi.jpg

雅あらため『みやび』

2013.8月 卒業
----------------------
【★4代目預かりわんこ★】


『Noel(ノエル)』

2013.4月 卒業
----------------------
【★3代目預かりわんこ★】


拓あらため『たく』

2012.10月 卒業
----------------------
【★2代目預かりわんこ★】


ひいろあらため
『風(ふう)』

2012.8月 卒業
----------------------
【★初代預かりわんこ★】


セナあらため『ぼん』

2012.4月 卒業



★☆★☆★☆★☆★☆★

《星になった仔》

【★6代目預かりわんこ★】



『夢-ゆめ-』

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク(♀)
10歳

2013.8.9保護

2013.8.21
0時35分 永眠


★☆★☆★☆★☆★☆★


犬の年齢計算機
今何歳?(こすも)
今何歳?(こはく)
今何歳?(ろの)
今何歳?(もね)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR